TEISHOブログ|帝京大学小学校

帝小の日々45 ☆4年 三味線教室☆

2022.06.14

講師の先生に来ていただいて三味線教室を行いました。

   

スーホの白い馬でやった馬頭琴に似てるのかな・・・と予想を立てる子どもたち。

「弦は三本だけなんだ!」「猫や犬の皮でできているなんてびっくり!」と驚きの連続です。

 

さあ、実際に演奏してみよう!と意気込んだものの、

三味線が重かったり、バチを持つ手が難しかったり・・・

小指が真っ赤になるほど頑張った子もいました。

 

 

「ほたる」と「かごめ」の曲にチャレンジ!

「一曲演奏できたー!」と喜ぶ姿が輝いていました。

また、先生から「なんの音を表しているかなクイズ」も出ました。

虫の鳴き声や川のせせらぎなどを表現した音を聴いて、「なるほど!確かに川の音に聞こえてきた!」と楽しんでいました。

 

感想では、

「一見簡単そうかなと思ったけど、予想以上に難しかった。

演奏できる人はいっぱい練習しているんだなと思った」という声も。

日本の伝統文化とともに、粘り強く取り組むよさや音色の美しさにも気が付いた4年生でした。