ごあいさつ | 帝京大学小学校

帝京大学小学校 理事長 
冲永 佳史

学校法人帝京大学 理事長 冲永 佳史

8つの学校法人を擁する帝京大学グループは、幾多の有為な人材を社会に送りだしてまいりました。本学グループが掲げる教育理念の「自分流」とは、「自分で問題意識を持ち、考え、判断し、行動し、それによってもたらされた結果に責任を持つ、グローバル社会に通用しうる人材」の育成を意味しております。
大学院・大学・短期大学・専門学校・高等学校・中学校・小学校・幼稚園の教育課程が連携することに加え、長年培ってまいりました。教育に関する豊富な経験・知識・ノウハウを活用した「自分流」の一貫教育を構築してまいります。帝京大学小学校の学び舎において、緑豊かな環境・最先端の教育設備を十分に活かし、夢と希望にあふれた学校づくりを推進いたします。将来を担う力強いお子様方が、本校にて学ばれることを教職員一同、心よりお待ちしております。

帝京大学小学校 校長 
石井 卓之

帝京大学小学校 校長 矢野 英明

これからの社会は加速度的に変化し、人工知能やビッグデータ、ロボットなどの最先端技術がより高度化して、産業や社会生活に取り入れられていきます。生活は便利で快適なものとなりますが、解決を迫られている課題は数多くあります。その課題を解決するのは、今の子どもたちです。受け身の学習ではなく、自ら意欲をもって課題解決に取り組む子どもの育成が必須となります。
グループが目指す「自分流」とは、Society5.0に向けた人材育成そのものといえます。帝京大学小学校では、◇少人数クラスによるきめ細かな指導 ◇1年生からネイティブスピーカーによる一貫した英語教育 ◇理論的思考を促すプログラミング教育 ◇協働性・主体性を育む学校行事や宿泊体験など、本校の特色を生かした学校教育を充実させ、社会に羽ばたける子どもを育てます。