帝小の毎日に!?がたくさん TEISHO SNAP|帝京大学小学校

帝小での毎日には、!?がたくさん。そんな子供たちの日常をのぞいてみよう。

  • 新入生を迎えて

    4月9日、構内の桜が風に吹かれ、たくさんの花びらが舞う中、15期生となる新入生を迎える入学式が行われました。当日、6年生に教室や昇降口の使い方を教えてもらったり、トイレに付き添ってもらったりと、たくさんのサポートをしてもらいました。式場への入場前、緊張気味の1年生に優しく声をかけ、楽しい話をして笑顔を引き出していた6年生。最高学年として自覚をもって取り組む姿が頼もしく思えました。

    2019年04月12日

  • 6年生を送る会

    3月9日に卒業を控えた6年生とのお別れの会「6年生を送る会」が、3月4日月曜日の1校時に行われました。1年間、最高学年として、いろいろな場面で下級生の手本となって活躍してくれた6年生に、各学年から手作りのプレゼントと出し物を贈りました。6年生からは、1年間の下級生とのふれあいを寸劇にしたものが、お礼として贈られました。笑顔や拍手、手拍子や歓声がたくさん集まった、楽しいひと時となりました。

    2019年03月05日

  • 昔遊びを教わりました

    1年生の生活科の学習「むかしあそびの名人になろう」では、周囲の大人の人に昔遊びを教わり、その遊びの楽しさや面白さを知るとともに、友だちや家族と一緒に遊べるようになることがめあてになっています。この日、体育館には「お手玉」「おはじき」「けん玉」「こま」「あやとり」「羽根つき」といった遊びを教えてくれる、保護者が集まってくださいました。遊び方のコツを優しく教えていただき、子どもたちの歓声や笑顔にあふれました。

    2019年02月20日

  • 3年生 お琴体験教室

    2月6日(水)に、3年生のお琴体験教室が行われました。帝小ホールに用意されたお琴、間近に見たり、触ったりするのは初めての人もいました。2人一組でペアを組み、お琴の先生から仕組みや弾き方を教わりました。初めてつける「爪」に戸惑いながらも、「さくら」の演奏をめざして真剣に取り組みました。

    2019年02月09日

  • 2年生 生活科「まちたんけん」

    生活科の「まちたんけん」では、小学校の周りの町を探検して、そこで働く人たちと触れ合い、そのお仕事について理解を深める学習をします。今年度は、子どもたちが登下校でお世話になる、多摩センター駅の探検をし、京王線の駅員さんたちの仕事を調べてきました。

    2019年02月09日

  • 席書会

    1月10日・11日の2日間にわたって、席書会が行われました。1,2年生はサインペンを使った硬筆で実施しました。3年生以上は、学年ごとに体育館に集まり、墨と筆を使って「書初め」に挑戦しました。最後の席書会となる6年生は、自分の思いを4字熟語から選びました。それぞれの思いが込められた作品が、学年フロアに飾られました。

     

    2019年01月21日

  • 餅つき大会

    1月8日(火)から、3学期が始まりました。3学期の始業式には各学年の代表が、3学期の抱負を語りました。始業式後の体育館で、恒例のもちつき大会が行われました。揃いの法被を身につけた6年生は、小学校生活最後の餅つきとなります。大きな杵を振り上げて、掛け声も勇ましく、力強くついていました。

    2019年01月09日

  • 合唱祭が開かれました

    12月17日(月)の2校時~4校時に「合唱祭」が開催されました。会場となった体育館には、たくさんの保護者が観客として入られ、子どもたちの発表を温かく見守ってくださいました。その声援に応えようと、1,2学期の音楽の時間に学習してきた「心をひとつに」を、それぞれの学年に応じて表現しました。

    2018年12月26日

  • 東初協音楽祭に参加しました。

    11月25日(日)、昭和女子大人見記念講堂で開催されました、第32回東初協音楽祭に小学校を代表して4年生が参加しました。午後の部の10番目に出場し、『心には素晴らしい翼がある』『一つの明かりで』の2曲を披露しました。舞台に立った一人一人が、音楽の授業の中で培ってきた全てを出し切ろうと、懸命に表現する姿がみられました。

    2018年11月26日